読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽溢れる英語学習相談所

英語ができて当たり前と言われる時代、英語の勉強を頑張りたいという方をサポートします。また、洋楽の重要性、楽しさ、そして英語学習へのつながりを伝えることができたらと思います!

洋楽紹介!隠れた名曲④ 〜Katherine Kiss Me by Franz Ferdinand〜

こんにちは、Katieです、今日も隠れた名曲紹介しますね〜

英語の発音に関する記事もそろそろ書きたいなあと思いつつ音楽を聴きながらパソコンと向かい合うとつい音楽ネタに走ってしまう...

音楽ほど中毒性のある危険な存在はないと思いますね、中毒性があるにもかかわらず、世界をへ一話にできる要素の一つだとも私は本気で思っているのですが、まあその話もいつかしようかな。

 

初めに言わせてください、レコード会社からの動画がYoutubeでは見つからなかったため音源をこちらに載せることができませんでした、Youtubeで自分で探してみてください、申し訳ありません...

 

はい、本日はFranz FerdinandというバンドのKatherine Kiss Meです(今はBlurというバンドを聴いておりますが。笑)!前回の記事を読んでくださった方は覚えてらっしゃるかもしれませんね、私の大好きなバンドの一つです。

 

 

Franz Ferdinand

 

f:id:kmuseng14:20170416080839j:plain

Title: Franz Ferdinand (band) by livepict.com

 

Alexさんいいですね〜

Franzはスコットランドで結成されたバンドです。ポップソングに対する想いがこの人たちすごいです。アートの事もよく考えてますし、ただかっこいい曲を書いてライブやって〜だけではないのです。しっかりした「芸術家」だと私は考えているのです。前回のKraftwerkもそうでしたが、ポップソングを音楽以上のものにするというか、芸術として意識することは、日本ではあまり見られないのかなと思います。

そして、何と言ってもフロントマンのAlexの話し声が素晴らしい!

 

そこかい!ヽ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;)ノ

 

いや本当に。Youtubeでインタビューでも聞いてみてくださいよ、惚れますぜ...

Franzは1stアルバムがとても売れて。UK風アップテンポを21世紀に入ってから繰り出してきた結果、もうみんなトリコですよ、確かに21世紀のインディーロックの形はこのバンドの出現によって変化したと言っても過言ではないと私は考えます。まあ他にもいるんですよ、もちろんね。でもここで紹介すると大変なことになるので、またいつか (笑)

 

Katherine Kiss Me

この曲ですが、3rdアルバムの最後の曲です。とてもしっとりとしたアコギのみの曲なのですが、アルバム自体はかなりアップテンポなので最後に落ち着いた曲が流れてきて正直初めはかなり驚きでした。2ndのFade Togetherも静かな曲ですね。Alexの素晴らしいところはこうやって「静かな曲だってかけちゃうんだぞ!」というところをたまに見せるところです。

 

さて、この曲の歌詞何ですけれど、実は、同じアルバムに入ったNo You Girlsという曲の歌詞とそっくりなんです!

 

No You Girlsの一部

 

Oh, kiss me 

Lick your cigarette, then kiss me

Kiss me where your eye won't hit me

Meet me where your eye won't lick me

Lick your mind and mine so briefly

Oh you know, you know you're so sweetly

Oh you know, you know that I know that I love you

I mean, I mean I need to love

 

"No You Girls" as written by Alexander Paul Kapranos Huntley, Nicholas John Mccarthy, Paul Robert Thompson and Robert Hardy.

 

Katherine Kiss Meの一部

 

Katherine, kiss me

Slip your little lips will split me

Split me where your eye won't hit me

Yes I love you, I mean I

I'd love to get to know you

 

そんなこと考える人いますか?歌詞を似せて全く異なる複数の曲を作るなんて。しかも片方はアップテンポ、もう片方はスローテンポ。

 

天才や〜Σ(▼□▼メ)

 

でしょ〜やっと君にも彼らの良さがわかってきたか!

しかもね、歌詞がとても詩的なんです。最後の部分を下に訳してみました。

 

And though your opened eyes stay bored upon

The overflowing pipes above me

Tonight, I don't mind

Becuase I never wonder how the girl feels

 

"Katherine Kiss Me" as written by Alexander Paul Kapranos Huntley, Nicholas John Mccarthy, Robert Hardy and Paul Robert Thompson.

 

君が退屈そうに

僕の上の排水管を見ていたって

今夜は僕は気にしないよ

だって彼女が何を考えてるかなんて考えたことさえないもの

 

キャサリンが好きで、キスしてくれよ〜と歌っているのにもかかわらず、キャサリンはつまらなそうに排水管を見つめてる。この「僕」はそれでも気にしないんです。意地をはってるのでしょうかね、悲しい曲ですけれどこの歌詞がAlexに歌われたらもうね...

 

はい、ということで、私の大好きな曲紹介、いかがでしたかね、私が紹介する曲ってメロディーがあまり日本的ではないんです、たぶんだから好きなのかもしれません。音楽に関して言えばです、私は日本が大好きですよ!歌詞を見てみるとうわ〜素敵だなあなんて思うこともよくあるので、チェックしてみるといいですね!

 

それではまた〜